レスポールの音色を好みのサウンドに変化させる方法として
メジャーなのがコンデンサの交換。

ギターのコンデンサ数年前に所有レスポールの内、
2本のコンデンサを交換した。

そのうちの1本のコンデンサを
取り付けてる部分の画像。


これはわざと交換コンデンサとしては
あまりメジャーではないモノ。


もう1本はそれなりに知られてるモノに
換えたけど・・・。

その時の明細を見ると・・
1. CORNELL DUBILIER 600V 0.022μFX2
2. SPRAGUE Vitamin Q 600V 0.022μFX2
となっているのでレスポール1本につき
2個ずつ交換したはず。

昔のレスポールにはこういうタイプのオイルコンデンサが
使われていたのでそれに近い音を再現するためにみんな、
せっせと交換する。
(実際にはこれらはオイルコンデンサではないらしい)

今回、アンプを通して弾くとフロント側の音が出ていないので
焦って、開けてチェック!
どうやらコンデンサの足を長いまま取り付けていて
絶縁テープで絶縁していたがどこかが接触して
ショートしていたらしい。
コンデンサの位置を変えて接触しないようにするだけで
問題なく復活。

交換した時は音が良くなったとか、音抜けが良くなったとか
感じたはずなのに、今となってはこの音が当たり前なので、
元のコンデンサに戻したら音質のどこが悪くなるのか言えないし
細かいところは全く覚えていない・・


結局、サウンドに拘るって事はほぼ自己満足の世界がほとんど。
未だにギターリストはアンプの真空管の違いにも拘ったり
弦やピックにも拘ったりするが、結局自己満足するかどうか。
確かに音は違うんやけど、一般人からすれば大した程では
ないと言っていい。
このコンデンサにしても何十個も交換してチェックしてる
ギターリストもいる。俺はここまでは出来ない・・。


こんなことを全くやらないギターリストもいるから
何が良くて何が悪いのか・・



とにかく、ギターリストの自己満足追求度は
他の楽器をやる人に比べて高いやろな